オルニチンと精神的なストレス軽減

現代社会では仕事や人間関係、生活環境などさまざまなことが要因となって、精神的ストレスを抱えている人は多いのではないでしょうか。
ストレスを抱えても上手に発散できればいいのですが、抱え込んでしまったり、気が付かないでいるとうつ病や自律神経失調症など病気になる可能性が高くなります。

一日のストレスは睡眠によって回復されるのですが、十分な睡眠がとれずに疲れが溜まっていると、どんどんストレスも溜まっていきます。
また疲れが溜まった状態が続くと肝臓の機能が低下してしまうのです。

肝臓に良いとされる食材に蜆があります。
しじみはアミノ酸の一種であるオルニチンを多く含んだ食材です。
実はこのオルニチンが肝機能だけでなくストレス軽減に効果があると注目されています。

人はストレスを感じるとコルチゾールという成分が分泌されます。
コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれていますが、強いストレスによって過剰分泌されるとパニック発作やうつ病などを引き起こします。
オルニチンを摂取するとストレスに強い抗コルチゾールホルモンの分泌が増え、睡眠が改善され朝スッキリと目覚めることができる、ふさいだ気分が改善されるといった効果があるそうです。
このようにオルニチンにはストレスを軽減する効果がありますが、十分な睡眠や生活習慣の見直し、ストレスを発散することでさらにオルニチンの効果を上げることができます。