肝臓の健康にオルニチンが効果的

肝臓は物言わぬ臓器と言われています。
症状が出た時には病気が進行していた、という事が多いため普段から肝機能には気を付けていたいものです。

朝起きても疲れがとれない、二日酔いが長く続く、以前より酔いやすくなった時は肝臓の機能が低下している可能性があります。
肝臓の機能が低下すると、体内の老廃物がスムーズに排出されなくなり、新陳代謝が低下するといった体に悪い影響が出てきます。

機能低下の原因としてはアルコール、揚げ物や甘い物などの食生活、睡眠不足やストレスなどがあげられます。
アルコールは肝臓で分解されるため、連日の飲酒によって肝臓が疲れてしまい機能が低下します。
また揚げ物や甘い物など、たんぱく質や脂肪分の多い食事は肝臓に負担をかけてしまいます。
睡眠不足やストレスによって疲労が溜まるとことも肝機能を低下につながります。

疲れた肝臓を元気にしてくれる成分として注目されているのがオルニチンです。
アミノ酸の一種であるオルニチンは、血液の中に溶け込んで体中を回っている遊離アミノ酸です。

肝臓は体内に入った有害物質を分解して体に無害なものにしたり、アンモニアを尿素に変える働きをしています。
オルニチンには肝臓に溜まった有害物質を解毒する作用や肝機能の働きを助ける効果があります。
そのためオルニチンを摂取することで肝臓の機能低下を改善する効果があるのです。
オルニチンはしじみに含まれている成分なので、しじみを使った料理から摂ることができます。